読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モリパパ moripapa

WordPressから、徒然なるままに…

Wordpress(その7)プラグイン

WordPressの最大の特徴でもあるプラグインは、本当にたくさん種類があって「コレハ」というのを見つけ出すのに大変です。1000本以上あるPluginをどうやって見つけるかいい方法があったら教えて下さい。荒野に一人、金鉱脈を探すようなもんです。

説明読んでもよく分からんから、結局はインストールして自分で使ってみることになります。Pliginのフォーラムでもあったらいいのに。フォーラムじゃないけど似たようなサイト(kachibito.net)がありましたので紹介しておきます。
f:id:maury4:20120922213809p:image:right
モリパパは気がついてみると、こんなに沢山インストールしてました。なんと24個もありました。

  1. Akismetは元々クッツイテくるので有効化します。
  2. Admin Menu Editorはダッシュボードでの表現を変更します。これもブロクに紹介されてたもので、例えば「投稿」を「記事を書く」にするとか分かりやすい表現にします。管理画面を解りやすくすることって大事ですネ。
  3. All in Admin Menu EditorOne SEO Packは定評があるようなんで入れときました。LocalHostでは有効化しません。
  4. BackWPup情報科学屋さんを目指す人のメモブログ(knk-n.com)で見ると、これがよさそうだったから取り敢えず入れときました。LocalHostでは色々厄介な設定が必要ですので有効化しません。
  5. Blog Importerは「ツール>インポート」で必要ですから入れて有効化してあります。実際エクスポートして、それをインポートすると上書きでなく、追加されてしまうのでダブってしまいます。
  6. CalPress Event Calendarは固定ページに必要だったので加えました。でもイマイチです。もう少し良い物があれば入れ替えたい。
  7. Contact Form7は「お問い合せ」を作るのには必須でしょう。日本の方が作られて世界的にもよく利用されているそうです。
  8. Dynamic To Topは、ページのTopへ移行するマークを設置するだけです。jQuaryで作成されていて「ふわ~と繰り上がる」お馴染みツールです。
  9. Google XML SitemapsSEOのためにも入れたんですが、LocalHostでは有効化しません。
  10. Image Widgetはサイドページにウェジットで画像を簡単に貼り付けて見たかったから入れました。
  11. Jetpack by wordpressは、有名ですがどこまで「有効かつ利用がってがいいか」分かりません。ただ入れておいて、LocalHostでは有効化しません。
  12. My Category OrderSEOのためにMeta文に書かれたHeaderやDiscriptionを活用するために取り敢えず入れときました。LocalHostでは有効化しません。
  13. Redirectは入れといたほうがいいですね。メニューを変更したりしているうちにリンクが切れてしまったことがあって、このPluginで一挙に解決しました。不勉強ですが301Redirectの記事も参照です。
  14. TynyMCE Advancedは便利です。固定ページや投稿ページをビジュアルで書くためには元のままのエディターメニュでは不十分です。例えば表など入れたいとき「HTMLで書きなさい」というのはお客様には酷でしょ。この紹介ブログを見てください、管理画面を編集するというか、日本語化するにはこのPluginは必須だと思います。管理画面を操作するお客様にやさしく案内できるそうです。
  15. W3 Total Cacheパフォーマンスを改善するPliginだそうですが、ページのダウンロード速度がどの程度改善されてるか、よくわかりません。とにかく入れてみたPluginです。
  16. WordPress Importerは、「ツール>インポート」で必要ですから入れて有効化してあります。
  17. WP-SEO-Paginate文字通りSEOのためのPluginだけど、これもLocalHostでは有効化しません。
  18. WP Lightbox 2 Thumbnail写真をプワ~ンと元の大きさの写真に拡大させる有名なPluginです。
  19. WP Multibyte Patchは、英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要なPluginです。言語設定が ja の場合、文字列カウント方式の設定を「文字数ベース」に変更してくれます。その他、日本語特有の設定に変えてくれるようです。とにかく入れておいた方が良いPluginです。
  20. WP total Hacksは、Hacksと言うだけあって、FaviconやログインのWordPressのロゴ変えたり、管理画面の下にあるWordPressの文字を変更したりできます。これを使うと一見Wordpressで書かれているとは思えなくなってしまいます。
  21. WP Photo Album Plusは、WP Lightbox 2と共に使います。
  22. WP Social Bookmarking LightSNSFacebookや'はてな'やTweeterなどのマークを挿入するだけのPluginです。
  23. WPtouchiPod touchAndroid携帯デバイスのモバイル機器で見たときに変換してくれるそうですが、まだモリパパは使ったことがありません。
  24. Yoast Breadcrumbsは、お馴染みの「パンくず」表示用です。

以上が今のところ、導入したPluginです。まだまだ色々あると思うんですけど、探しきれないんです。Pluginの金鉱脈があったら教えて下さい。

参考資料:
WordPress 用のプラグインの作成を行うプロジェクトのページ
クライアント頼まれやすい機能を補えるPlugin
WordPressプラグイン日本語版配布
WordPressプラグイン紹介の記事一覧